水ダイエットの魅力

慢性的な運動不足や空調設備の完備によって発汗の機会が少なくなった現代人は、水分の排出機能が落ちている時があります。昔から、水を飲みすぎるとむくんだり、水太りをするともいいますが、水はたくさん飲んでも脂肪として蓄積されたりはしません。たくさんの水を体内に摂取することで水だけで満腹感がありますので、食欲が減って自然と食事制限ができ、水ダイエットができるようです。また、水ダイエットと美容の関係も見逃せません。肌の乾燥対策という点からも、水ダイエットによって水を飲み、水分を足すことは効果的です。また、水ダイエットで大量のミネラルウォーターを飲めば、カルシウムやマグネシウムなどを補充でき、便秘の解消や腸内活動の活性化も図れます。水ダイエットで摂取する水は、神経の信号を媒介してくれる機能もありますので、ストレスに対しても効果を発揮します。ストレスの原因が神経障害によるものだったり、思考の低下によるものだったなら、水ダイエットがいいでしょう。水ダイエットでは、水道水やジュース、清涼飲料水は絶対避けるようにし、塩素や糖の入っていない水でダイエットするようにしましょう。何にしろ、体に負荷のかかりすぎない分量が第一です。水がいいからと、水ばかり飲みすぎないようにしましょう。無理な水ダイエットは極端な体力低下を起こす場合もあります。水とダイエットの関係については、あらかじめ調べておくといいでしょう。

水ダイエットに適した水の選び方

費用にもよりますが、どういった水が、水ダイエットに適している水といえるのでしょうか。ダイエットのための水は、軟水か硬水かとえば、硬水が推奨されます。硬水はカルシウム、マグネシウムなどのミネラルを多く含む水です。

ダイエット中の食事制限をしている人には、硬水の空腹感を紛らわせる効果が役に立ちます。水ダイエットに硬水を用いれば体内に必要なミネラル成分を補うことができますから、ダイエット中の食事制限にありがちな栄養不足を、水の摂取によってフォローできます。

ミネラルの一種であるカルシウムは、ストレスにも働きかける重要な作用もあります。水ダイエットで硬水を摂取すれば、硬水中のカルシウムがダイエット時のストレスを緩和してくれるわけです。水道水や軟水で、水ダイエットをしてもダイエット効果は多少あるかもしれません。

カルシウムやマグネシウムの含有量という点では、軟水は硬水に及びませんので、ダイエット効果にも違いがあるようです。水ダイエットに使う水としては、海洋深層水が向いています。硬水であり、飲みやすさの面も十分な市販のミネラルウォーターの一種です。

最近では家庭内でのサーバー設置が流行っているため、コンビニとかで水を買い込むよりも、より安価で購入する事ができます。また、水ダイエットをしながらダイエットサプリメントを使うというやり方もおすすめです。サプリメントと大量の水のために解毒もでき、美肌にもよくリンパの流れも良くなるので、水ダイエットには適したダイエット方法といえます。

水でダイエットをする方法

水を飲むだけで痩せるという水ダイエットは、モデルにも人気の高いダイエットです。ただ体重を落とすだけでなく健康増進効果もあるとされているのが、水ダイエットの特徴です。

水ダイエットの基本的なメカニズムは、満腹感を早め食欲を抑えること、汗や尿として老廃物を排泄すこと、胃や腸を刺激して便秘を解消することです。

朝、起きた時にまず、コップ一杯の水を飲むだけでも体が起き始め、体内での運動が始まり、代謝にすごく良いのです。代謝が活発になると脂肪が燃えやすくなり、ダイエットに効果的です。

体内ではつくることが出来ない海のミネラルを含んだ水を摂取してもいいでしょう。体調を崩さず体にいいダイエットができることも、水ダイエットの利点です。

ミネラルウォーターなどの水を用意し、日に2リットルを目安に取り入れるのが水ダイエットの手順です。新陳代謝を高め、リンパ液の流れを良くし、カロリーを消費します。

水を摂取した場合、体内では肝臓がよく動いてエネルギーを消費するようになります。従って、お腹が空いている時に積極的に水分を摂取することで代謝が向上し、カロリーの消費率もアップするのです。

水を飲むときはタイミングが大事です。食事中や食事の後の水の取りすぎは血糖値の上昇や消化不良の原因になります。そのため、作業中や食間を見計らって水分摂取を行うことが、水ダイエットのポイントです。
株主優待制度
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。